プレミオ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 721

IMGP2767

プレミオの新車値引き交渉のポイント

顧客重視ながらも新規客は重要

値引き目標 18~23万円

マイナーチェンジ直後は、ボーナス商戦も終わり、年間でも最も販売が低迷する8月になるので、値引きも拡大します。

チャネル間の競合で「アリオン」を利用することも考えましょう。

人気では「プリウス」を上回るだけに、簡単にはどちらも引き下がれないでしょう。

ライバル同様に、両店舗での相見積もりが必須となります顧客に向けた販売が主体となる車種だけに数少ない新規客は販売店にとっても逃したくないターゲットになるでしょう。

多銘柄では、マツダの「アクセラ」が最適です。

同時期にマイナーチェンジを迎えたため、絶好の競合車種となります。
また、もし、マイナーチェンジ前の旧型在庫の話があったら、見逃す手はありません。

大幅値引きで購入出来ます。

下取り価格の重要性

プレミオの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

9年目にしてさらにユーザー層を広げる
IMGP2777

今では希少な5ナンバーセダンとなったトヨタ「プレミオ」と姉妹車の「アリオン」は、高齢者ユーザーが多いためにオーソドックスな車造りが心情ですが、今回のマイナーチェンジでは、さらに息子さんまでもターゲットにしたアグレシップなフロントデザインが特徴となっています。

若い層向きとは言っても、「クラウンロイヤル」を彷彿とされるこのからも、高級感というエッセンスも忘れていません。

ディーラーとしてもよりユーザー層が広がるのはありがたく、車の購入に消極的な高齢者よりも、より積極的な若い層相手の方が営業もかけやすいので、9年目となるロングライフモデルながら、今回のマイナーチェンジで意外な復活を遂げる可能性もあります。

プレミオの競合車種

日産 シルフィ

ライバルになることもむずかしい
PENT1624

このクラスで日産唯一のセダンが「シルフィ」。

余裕あるサイズの室内は、高級感も十分あり、必要なパワーも備え、年配のユーザーには定評がありますが、販売台数は非常に少なく、「プレミオ」のライバルとして検討されることもあまりないようです。

値引きに関しては広がっており20~24万円程度となっています。

マツダ アクセラセダン

一番のねらい目
IMGP6497

7月中旬にはビッグマイナーチェンジが行われる予定の「アクセラ」。

となれば当然値引きは大きくなっており、新型に切り替わった後でも在庫さえあれば大幅値引きが可能です。

この辺の事情は「プレミオ」も同じですが、トヨタほど生産調整が徹底していないマツダの方が、可能性は大きいでしょう。

スバル インプレッサG4

渋すぎるセダン
IMGP3132

ハッチバックタイプの「インプレッサスポーツ」が販売の中心になるため、セダンタイプの「G4」の知名度はかなり低く、1.6L2.0Lともにライバルよりも割安な価格設定ながらも、値引き交渉はやりやすい。

「プレミオ」というよりも、「アクセラ」が当面のライバルとなります。

プレミオの保険料

「プレミオ」のユーザー層はかなり高いと言われており、自動車保険においても、20等級で事故もないユーザーがほとんどでしょう。

当然、保険料も安いのですが、さらにそういったリスクの少ない方に、ターゲットを絞っている通販型自動車保険もあります。

通常の26歳以上という年齢制限ではなく、30歳、35歳以上という年齢制限なども用意していたり、保険料の仕組みそのものを40~50歳代の方が一番安くなるようになっている「おとなの自動車保険」のどもあり、今だからこそ保険を見直す時期ではないかと思います。

通販型の自動車保険を含め、一括の見積が出来るサイトを利用すると、簡単に調べることが出来るので利用してみましょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

プレミオの車両概要

2007年から販売されている現行モデルは、今年で9年目に突入。

5ナンバー4ドアセダンとして、値強い人気を保っています。

排気量は1.5L、1.8L、2.0Lと、幅広いクラスをカバーしていますが、販売の中心となるのは、燃費のいい1.5Lとなります。

顧客に多くの年配者を抱えるトヨタだからこそ、セダン不況と言われる中でも存在できる車種であり、他メーカーでは出来ないラインナップといえるでしょう。

2016年6月のマイナーチェンジにおいて、大胆なフェイスチェンジを行い、先進安全システムの「トヨタ・セフティーセンスC」を設定。

9年目にしてさらなる販路を拡大する勢いです。

スペック表

1.5 1.8 2.0
車両価格(円) 1,908,655~ 2,047,091~ 2,423,127~
JC08モート燃費(㎞/L) 19.2 14.8~16.4 15.6
車体寸法(mm)
全長/全幅/全高
4,595/1,695/1,475 4,595/1,695/1,475~1,485 4,595/1,695/1,475
室内長/室内幅
/室内高(mm) 
2,055/1,450/1,205 2,055/1,450/1,205 2,055/1,450/1,205
ホイルーベース(mm) 2,700 2,700 2,700
乗車定員(人) 5 5 5
エンジン型式
・排気量(cc)
直列4気筒1,496 直列4気筒1,797 直列4気筒1,986
最高出力
(kW/rpm)
80(109)6,000 105(143)6,200 112(152)6,100
最大トルク
(N・m/rpm)
136(13.9)4,800 17(17)4,000 193(19.7)3,800
駆動方式 2WD 2WD 2WD 4WD
トランスミッション スーパーCVTi スーパーCVTi スーパーCVTi
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加