ラクティス保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 626

ラクティスの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 27~30万円

ともかくライバルに比べて抜きんでるものが何もないのだから、マイナーチェンジしたからどうのと言わせられない。競合車には「ノート」でも「フィット」でもいいし、値引き狙いなら「デミオ」という手段もある。トヨペット店とカローラ店で競わせても面白い。どちらかというと、台数命のコンパクトカーを多く取り扱うカローラ店の方が交渉しやすい。

CIMG1247

下取り価格の重要性

ラクティスの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 全車にアイドリンングストップ機構が設定されて、多少の燃費の向上は見られたが、ライバルに比較して見劣りするのは変わらない。他にはフロントマスクの意匠変更程度なので訴求効果は期待できない。室内の使い勝手などで、まだまだ競争力はあるものの、このクラスはまず燃費がライバルと同程度でないと、販売現場は苦しい。「ノート」「フィット」はもはや手の届かないレベルにあり、「ソリオ」「マーチ」以下、トヨタ内の「シエンタ」「ウィッシュ」と争うレベルになっている。唯一評価できる点は車イス仕様車を他グレードと同様にラインナプの中に入れ、特装車扱いさせていない点か。同じ生産ラインでの製造が可能になったことも影響している。
 

ラクティスの競合車種

JC08モード燃費率16.6~21.8㎞/L 車両価格1,615,091~2,041,000円

日産 ノート
JC08モード燃費率18.2~25.2㎞/L 車両価格13,413,600~1,944,000円

 DIG-Sは、スーパーチャージャー装備の1.2Lミラーサイクルエンジンを搭載したダウンサイジングエンジンは、25.2㎞/Lの低燃費を実現しながらも、1.5L並の走行性能を誇る。非スーパーチャージャーの1.2L車や4WDの燃費も「ラクティス」を上回る。ロングホイールベースを活かした室内スペースとラゲッジスペースもクラストップクラスの広さ。

ホンダ フィット
JC08モード燃費率19.0~26.0㎞/L 車両価格1,301,142~1,851,428円

 ハイブリッドが注目を浴びるが、1.3Lの燃費性能も秀逸。アトキンソンサイクル採用で「ノートDIG-S」を上回る。また、直噴DOHCの1.5Lは97Kw(132ps)のパフォーマンスを誇る。軽量ボディで4WDも低燃費だが、3車の中ではサイズ的に一番コンパクトで、優れたパッケージングで室内スペースは見劣りしないが、ラゲッジスペースの奥行は苦しい。

ラクティスの保険料

 自動車にかかる経費は極力抑えたいのは誰でも同じ。そのために「ラクティス」などのコンパクトカーを選ぶのでしょう。しかし、自動車保険を節約するのは考えもの。いくら安くなるからと、賠償額を低く設定したり、車両保険に加入しないのはもはや節約とはいえません。ですから、賠償額は無制限にして、車両保険にも加入し、様々な付帯サービスもしっかり付けた上で、少しでも安く加入する方法を考えることが必要になります。

 インターネット割引、リスク細分化、早期契約割引、ゴールド免許などの「契約者割引」、各種安全装備の有無で決まる「契約車割引」など、様々な割引があるので、利用できるものは利用しましょう。但し、保険会社によって割引を適用する条件が異なったり、終了したりしているケースもあるので、直前のチェックが必要になります。  

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ラクティスの車両概要

 現行モデルは2010年に発売開始した2代目。5ナンバーボディの5ドアハッチバック形状は先代と同様ながら、室内幅の拡大などで居住性能を向上させた。また、レバー操作のみで簡単に格納できる6:4分割チルドダウン機構付リアシートの採用などで、使い勝手も高めている。さらに、後席の座面奥行きとシートバック高をそれぞれ30mm拡大、クッション厚を10mm厚くし、前席のシートを薄く作ることで足回りのゆとりを拡大するなど、先代の弱点とされていた後席の居住性を大幅に改善している

 2014年5月のマイナーチェンジでの改良点は、エクステリアとしては、プロジェクター式ヘッドランプやLEDクリアランスランプを採用したほか、リヤコンビネーションランプの形状を変更。さらにフロントグリルにめっき加飾を施すことで、精悍な印象となり、インテリアは、上質さを表現するとともに、メーターフードやセンタークラスターのシボ加工のデザインを変更し、落ち着きある室内空間を演出させている。

 1.5L車のエンジンは変更はなく、 1.3L車はハイブリッド車に採用されていたアトキンソンサイクルのほかに「クールドEGR」「VVT-iE」などを採用した高熱効率・低燃費エンジンを搭載し、燃費性能を向上。さらにアイドリングストップ機能付車は、JC08モード走行燃費21.8㎞/Lの低燃費を実現させた。

スペック表

車両価格(円) 1,615,091~2,041,000円
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 3995×1695×(1585~1605)
室内寸法(㎜)長×幅×高 1875×1420×1310
ホイルベース(㎜) 2550
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) 1NZ-FE 直列4気筒DOHC 1.496 1NR-FKE 直列4気筒DOHC 1.329
最高出力 kw(ps)/rpm  1NZ-FE 80(109)/6,000        4WD 76(103)/6,000      
1NR-FKE70(95)/6,000
JC08モード燃費(㎞/L) 1.3L 20.0(21.8)            
1.5L 19.0(20.6) 4WD 16.6
駆動方式 FF  4WD
ミッション         Super CVT-i
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加