SAIの買取相場・買取価格表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 1213

SAIの買取相場と売却時のワンポイントアドバイス

プリウスよりも上質なハイブリッドカーを求めるニーズに応えるべく発売されたモデルの「SAI」は、2.4Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載、ミドルセダンとしては優秀な燃費性能を実現しましたが、満を持して登場したにもかかわらず、期待を大きく下回る販売実勢です。

さらに同クラスのハイブリッドセダンとして「カムリ」が投入されてからは、ただでさえ不振のクラスにおいて、少ない駒がさらに半減し、存在意義さえ不確かなものになってしまっています。

マイナーチェンジである程度は復活の兆しがみられたものの、人気回復には至っていません。

現在、中古車買取相場はそれなりの金額を付けていますが、数年後のリセールバリューが維持できるかどうかはやや不安が残ります

これは「カムリ」も同様。

先進性と低燃費性能で勝る「アコードハイブリッド」の方が相場は良いようです。

今乗っているSAIを高く売るためには、まず初めに現在の中古車買取相場がどれくらいなのかを確認しておきましょう。

買取相場が分かれば、自分のSAIを売る際の一つの目安となります。

トヨタ SAIを売りたい場合、販売・買取店への査定オークションなど色々な売却方法がありますが、まずは売却を考えている車がいくらで中古車として販売されているか査定金額の目安を知ることが大切です。

車買取専門店に高く買い取ってもらうために、買取・査定金額を調べる際に販売店を探して歩きまわるのは大変ですので、一括査定サイトを利用するのがいいでしょう。

SAIの買取価格表(AZK10型)

年式 グレード 走行距離 推定買取価格
2017年式 2.4 G Aパッケージ 0.6万km 1,882,000円
2017年式 2.4 G Aパッケージ 2.6万km 1,660,000円
2017年式 2.4 G 0.8万km 1,630,000円
2017年式 2.4 G 1.0万km 1,600,000円
2016年式 2.4 G ヴィオラ 1.3万km 1,857,400円
2016年式 2.4 G 1.1万km 1,840,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 0.8万km 1,834,000円
2016年式 2.4 G 0.5万km 1,828,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 1.2万km 1,780,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 1.7万km 1,780,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 0.9万km 1,768,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 3.4万km 1,690,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 0.5万km 1,660,000円
2016年式 2.4 G Aパッケージ 3.4万km 1,660,000円
2015年式 2.4 G Aパッケージ 2.2万km 1,478,800円
2015年式 2.4 S Cパッケージ 1.5万km 1,450,000円
2015年式 2.4 G 1.4万km 1,442,800円
2015年式 2.4 G Aパッケージ 1.8万km 1,408,000円
2015年式 2.4 G Aパッケージ 1.9万km 1,408,000円
2015年式 2.4 G 2.5万km 1,355,800円
2015年式 2.4 G Aパッケージ 1.5万km 1,354,000円
2015年式 2.4 G 2.2万km 1,348,000円
2015年式 2.4 G 1.9万km 1,342,000円
2015年式 2.4 G 3.5万km 1,336,000円
2014年式 2.4 G 1.8万km 1,359,400円
2014年式 2.4 G Aパッケージ 1.9万km 1,348,000円
2014年式 2.4 G 2.9万km 1,336,000円
2014年式 2.4 S Cパッケージ 2.8万km 1,303,600円
2014年式 2.4 G Aパッケージ 2.1万km 1,298,800円
2014年式 2.4 G 1.6万km 1,294,000円
2014年式 2.4 G 2.3万km 1,288,000円
2014年式 2.4 G 2.8万km 1,288,000円
2014年式 2.4 G 1.1万km 1,286,800円
2014年式 2.4 G 2.3万km 1,246,000円
2013年式 2.4 G 1.0万km 1,408,000円
2013年式 2.4 G 2.0万km 1,300,000円
2013年式 2.4 G Aパッケージ 1.3万km 1,270,000円
2013年式 2.4 G Aパッケージ 2.1万km 1,270,000円
2013年式 2.4 G Aパッケージ 0.4万km 1,258,000円
2013年式 2.4 G Aパッケージ 1.3万km 1,258,000円
2013年式 2.4 S Cパッケージ 2.2万km 1,228,000円
2013年式 2.4 G 2.5万km 1,228,000円
2013年式 2.4 G Aパッケージ 2.4万km 1,192,000円
2013年式 Aパッケージ 1.1万km 1,178,800円
2012年式 2.4 G 6.5万km 934,000円
2012年式 2.4 G 1.3万km 874,000円
2012年式 2.4 G ツーリングセレクション 1.1万km 868,000円
2012年式 2.4 G 3.2万km 844,000円
2012年式 2.4 G ツーリングセレクション 2.9万km 838,000円
2012年式 2.4 G ツーリングセレクション 3.4万km 818,800円
2012年式 2.4 G 5.3万km 794,800円
2012年式 2.4 G 1.4万km 790,000円
2012年式 2.4 G 3.0万km 778,000円
2012年式 2.4 G ツーリングセレクション Aパッケージ 2.2万km 772,000円
2011年式 G ASパッケージ 4.5万km 880,000円
2011年式 2.4 G 1.0万km 808,000円
2011年式 2.4 S LEDエディション 3.5万km 748,000円
2011年式 2.4 S LEDエディション 4.8万km 748,000円
2011年式 2.4 G ツーリングセレクション 4.6万km 739,600円
2011年式 2.4 G ツーリングセレクション Aパッケージ 5.8万km 734,800円
2011年式 2.4 G 2.2万km 718,000円
2011年式 2.4 G 3.4万km 699,400円
2011年式 2.4 S LEDエディション 1.9万km 692,800円
2011年式 2.4 G 6.1万km 692,800円
2010年式 2.4 G 3.7万km 754,000円
2010年式 2.4 G 4.8万km 694,000円
2010年式 2.4 G 3.3万km 688,000円
2010年式 2.4 S ASパッケージ 5.6万km 670,000円
2010年式 2.4 G 3.3万km 668,800円
2010年式 2.4 G 1.4万km 664,000円
2010年式 2.4 G 4.6万km 661,600円
2010年式 2.4 G 4.1万km 658,000円
2010年式 2.4 G 5.2万km 658,000円
2010年式 2.4 S 5.9万km 652,000円
全国の中古車販売価格を元に買取価格を推定しています。
販売価格に関するデータはカーセンサーnet Webサービスより得ています。
価格データは記事作成時のものです。

ハイブリッドセダンとSAIの人気

下取り相場は高値でも先行きは不安

トヨタには「SAI」と「カムリ」という似て非なるハイブリッド専用セダンがラインナップされています。

「SAI」はもともとが、「レクサスHS250h」ということもあり、一部共通部分もありますが、「カムリ」と異なり国内専売のハイブリッド専用車です。

レクサス車を生産する九州工場で生産される唯一のトヨタ車となります。

したがって、その品質はレクサス品質とも言われ、まさにコンパクトな高級車であり、大衆車である「カムリ」とは志の異なるセダンとい言えるでしょう。

同じくトヨタのハイブリッドセダンである「カムリ」は、カローラに次ぐ世界販売台数を稼ぐ世界戦略車世界戦略車として、北米市場を中心にするだけあって、車体は大きく、大きさで室内の広さはクラウンを凌ぎます。

北米市場では最量販車種ということもあり、安価なNAガソリン車もラインナップされていますが、日本国内へはハイブリッドのみの投入となり、「SAI」と似たような設定の車種になりました。

多銘柄でここに割り込むのはホンダの「アコードハイブリッド」。

北米市場で「カムリ」とシェアを争うこの「アコード」も、国内へはハイブリッド専用の高級セダンとして導入されています。

国内のセダン不況、とくにミドルサイズセダンの不人気は深刻で、「クラウン」以外はまったくといっていいほど売れていません。

そこで、各メーカーともに少ない販売台数でも利益を得られるような高額なハイブリッド車のみを投入する流れとなっています。

そして、国内での使い勝手を考慮せず、北米や中国向け仕様をそのまま持ち込むため、当然のようにユーザーの関心を得られないでいます。

海外での販売比率が圧倒的に多いので、企業としてはやむを得ないのですが、高齢化が進む国内で、「プリウス」や「フィット」などには乗りたくないと思うユーザーが増えているはずですから、超保守的なミドルサイズセダンの登場が必要だと思うのですが、どうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加