アベンシス保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 615

アベンシスの新車値引き交渉のポイント


値引き目標額 20万円

他ステーションワゴンとはまともには競合しにくい独自のバックグラウンドを持つ同車は、値引きという点ではやりずらい。「輸入車だから」と「在庫」というキーワードが何かにつけ出てくる。事情は理解できるが、購入する側にとっては関係ないとも言える。「Xi」で十分な内容だが、最後は同価格で25万円高の「Li」にランクアップを狙う。

下取り価格の重要性

アベンシスの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

気がつくとラインナップから消えているステーションワゴン。そんなことで導入されている「アベンシス」であるが、ディーラーとしては「マークXジオ」でさえ手を焼いている状態。このクラスで動きが活発なのは「カローラフィルダー」などの1.5~1.8Lクラスか、「プリウスアルファ」などのHYBRIDモデル。基本性能は申し分なく、欧州生まれの走行性能や質感は、評価も高い。しかし、メーカーもまったく無視している状態では、同じステーションワゴンの「プロボックスワゴン」と争う、トヨタ一の知名度のなさがネックだ。マツダの「アテンザワゴン」が新車効果で話題になっている内に便乗出来るかどうか。

競合車種

マツダ アテンザワゴン(250~340万円)SKYACTIVで話題の中心はJC08モード燃費20.0㎞/Lを誇る2.2Lのクリーンディーゼルで、販売の7割はこれ。しかし、ガソリンエンジンもSKYACTIV技術搭載の直噴2.0Lと2.5Lがあり、2.0Lは「アベンシス」と同価格だ。

スバル レガシーツーリングワゴン(243.6~369.6万円)ステーションワゴンといえばこのクルマ。2.5Lが中心だが、価格は「アベンシス」と同等かそれ以下。しかも4WDである。アイサイト装着車も増え、2.0Lはツインスクロールターボのスポーツバージョンだ。

ホンダ アコードツアラー20TL(274.8万円)一世を風靡したステーションワゴンだが、今はこのモデルだけが2.0L。2.4LのTYPE-Sは400万円近い高額車種になってしまう。i-VTECエンジンにパドルシフト付きの5速ATを装備する。

アベンシスの保険料

 様々なスペックや車両価格など、色々と比較するクルマ選びですが、買うクルマの保険料を考えているでしょうか?。クルマを購入する場合、同じ車種でもグレードによって違う排気量や車両重量によって、各種税金やその免税額が異なります。そして見落とされがちなのが任意保険 の保険料率です。せっかくコンパクトカーを購入して出費を抑えても、グレードひとつの差で思わぬ出費がある場合もあります。車両保険を考えていたり、無事故割引が少ない型は尚更です。さらに毎年の更新時までそのことに気づかぬことだってありえます。
 大きな事故を起こすと、その賠償額は自賠責保険だけでは足りなくなります。また、自賠責保険が補償するのは運転者以外の対人賠償だけで、運転者や物損に対する賠償には適用されません。 任意保険は対人賠償に関しては、自賠責保険の倍賞範囲を超過する分にのみ適用されます。また物損に対する賠償や、運転者自身、あるいは車に対する補償は、自賠責保険にその機能が無いため、実質上、任意保険だけの補償となります。

※上記の保険料率は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

アベンシスの車両概要

2009年より欧州で発売された現行モデルが日本に導入されたのは、2011年9月。2.0Lガソリンエンジの2WDでワゴンのみになった。生産はイギリスで行われ、部品の現地調達の比率は80%になる。
空力性能については、欧州の高速巡航という環境を前提としているため、Aピラーを前につきだし、空気をワンモーションで流すデザインになっている。また、フロア下についてはフロントからリヤまでフラットに繋がるアンダーカバーを採用して、空気抵抗の減少と乱流を抑制して高速走行時の安定性を向上させている。
コスト削減のため、ボディカラーもスーパーホワイトII、ブラックマイカ、シルバーメタリックの3色のみとし、ステアリングコラム左右の操作レバーのレイアウトもそのままなのでEU標準仕様の左がターンランプ類のレバーに、右がワイパーになる。CVT制御やサスペンションのチューニングも欧州仕様のものをそのまま使用。 また、電子式パーキングブレーキを採用している 。欧州仕様そのままということで、日本製のクルマとは違う、スポーティでしなやかな走行性能が味わえ、バルブマチックエンジンとCVTの採用で13.6km/Lの低燃費を実現した。

グレードは「Xi」と「Li」のみ。「Li」にはアルカンターラ+本革シートや17インチアルミホイール、クルーズコントロール、フォグランプなどが装備される。

2012年2月にマイナーチェンジが行われ、フロントを中心にデザインを変更。内装の材質の見直し、装備変更がされた。

スペック表

販売チャネル トヨタ店トヨペット店ネッツ店
型式 DBA-ZRT272W
主要グレード Li Xi
車両価格(円) 250~275万円
車両寸法(㎜) 4780×1810×1480
室内寸法(㎜) 2015×1495×1185
ホイルベース(㎜) 2700
エンジン型式・種類 3ZR-FAE直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1986
最高出力kw(ps) 112(152)/6200
JC08モード燃費(㎞/L) 13.6
ミッション スーパーCVT-i 7速シーケンシャルシフト
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加